画竜点睛を衝く@mapyo

日々やった事をつらつらと書くブログです

EvernoteのAPIを使う

だらだらと、最近やった事を記述していく!

初期導入的な話はこちらのブログを参考にさせていただいた。
http://blog.madoro.org/mn/2
http://cocomonrails.blogspot.com/2010/11/evernote-api-1.html

申請が必要らしい。。。


おいらがやりたいのは、AndroidアプリからEvernoteの最新の更新された10件くらいの一覧を取ってきたい。
Java用のAPIでいいはずだが、Android用のAPIとどんな違いがあるのだろうか。

使う場合は、こちらから申請が必要。
http://www.evernote.com/about/intl/jp/developer/api/

参考にさせていただいたサイトでは、APIキーをもらうのにちょっとばかし時間がかかると書いてあったが、
普通に一瞬でキーをもらえた。


次は、sandbox用のAccountの取得。余裕で完了。


次はサンプルのコードを使って、sandboxノート一覧を取得してみる。javaのclientのコードを動作させた。
・ソースのコピペだけでは動かない。パスを通す
→プロジェクトを右クリック
→ビルド・パス
→ビルドパスの構成
→ライブラリ→外部Jar追加
→サンプルのライブラリを追加する。

・ブログに書いてある通り、「consumerKey」と「consumerSecret」の内容を更新する。

・引数にsandbox用に作成したユーザ名とパスワードの追加

こんな感じで動作するようになった。


サンプルは4つの機能を確認出来る。
・listNotes
Evernote内のリスト一覧を取得出来る。
・createNote
→ノートの追加
・searchNotes
→文字の検索
・updateNoteTag
→新規タグの追加

英語を見れば明らかにわかることだが、とりあえず書いとく。


次は、サンプルを改良してノートの一覧を取得出来るようにする。
欲しい機能は、2つ。
・タイトル+最も最近更新されたノート10件
・指定されたノートのキー?を持ってそのタイトルと本文を取得する。

サンプルは、昇順に10件取得するようになってたが、欲しいのは降順に10件欲しい。

そんな数日前の話。

広告を非表示にする