画竜点睛を衝く@mapyo

日々やった事をつらつらと書くブログです

Synergyを使ってみた。

Synergyのインストールと使い方

 
主にこちらのブログを参考にさせて頂きました。
 
 
Synergyというのは、キーボードとマウスを共有出来るアプリです。
例えば、MacとWindowsのPCが2台あった場合に、
Macのキーボードを使ってWindowsを操作出来る!
みたいな事が出来ます。
 
 
学生時代は、研究室のPCのスペックが死ぬほど悪かったけど、
台数はそれなりに存在していたので、
WindowsPCを2台横に並べて左の1台は作業用、右の1台はWebブラウザで調査用とかに使ってました。
んで、いちいちキーボードを切り替えるのはめんどうなので左の作業用のPCのキーボードとマウスを使って、
右の1台を使ってた感じ。
 
 
 
今回は、一番最初に例に上げたMacのキーボードとトラックパッドから、
Windowsが操作出来るようにしてみた。
 
 
感想としては、Macのキーと、Windowsのキーが良い感じに対応出来てないので、
使いにくかった。。。。
 
 
例えば、macのcommandキーは、WindowsのWindowsキーになってたり、
command+wでウィンドウを閉じるが、Windowsの方は反応してくれなかった。。。macのcontrol+wで閉じる事が出来た。
かなキーも反応しなかったなぁ。この辺りを良い感じに変換してくれるものがあれば使いやすそう!!
 
 
例えば、macでcommand+wを押すと、Windowsでは自動的にctrl+wに読み替えてくれるとかね。
詳しく調べたら、その辺あるのかなぁ。。。よくわかんないけど、そういうのが出来たら最高に使いやすいはず!!
でもそもそものOSとしての設計思想が違うから、いい感じにするのは難しいのかねー。
そんな事を思った今日この頃。
広告を非表示にする