画竜点睛を衝く@mapyo

日々やった事をつらつらと書くブログです

TypeScriptとExpressを使ってHelloWorld

http://oinume.hatenablog.com/entry/using-express-with-typescript

こちらを主に参考にした。

型定義ファイルいちいち入れるのめんどくさいなぁと思ってたら、

tsdというものがあるらしい。

http://yutapon.hatenablog.com/entry/2014/07/08/120000

こちらのブログで知りました。

以下のような感じで入れた。

$ tsd init # tsd.jsonが作成される

>> tsd 0.5.7

-> written /Users/mapyo/ghq/github.com/mapyo/sample/typescript/hello-express/tsd.json
$ tsd query express # 検索

>> tsd 0.5.7

- express/express.d.ts : <head> : 2015-03-02 16:21
$ tsd query node # 検索

>> tsd 0.5.7
VersionMatcher.filter; gt; 0.11.0; 0.10.0

- node/node.d.ts : <head> : 2015-03-02 16:21
$ tsd query express --action install --resolve --save

>> tsd 0.5.7

- express/express.d.ts : <head> : 2015-03-02 16:21

>> node/node.d.ts : <head> : 2015-03-02 16:21

>> running install..

>> written 2 files:

- express/express.d.ts
- node/node.d.ts

typingsというフォルダが出来る。--resolveを指定しとくと依存関係も解決して入れてくれる。 そして、tsd.d.tsを参照しておくと、他の型定義ファイルも読み込まれるので便利。

$ tree typings
typings
├── express
│   └── express.d.ts
├── node
│   └── node.d.ts
└── tsd.d.ts

そんなこんなで出来たのがこちらです。 https://github.com/mapyo/sample/pull/6/files

そんな今日この頃。

広告を非表示にする