読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を衝く@mapyo

日々やった事をつらつらと書くブログです

gradle-deploygate-pluginでアップする時に自動的にブランチ名とハッシュ値をメッセージに入れる

問題点

gradle-deploygate-pluginを使うと、コマンド一発でDeployGateにアップ出来て非常に便利。

しかし、DeployGateにapkをアップした時に、あれ、これmasterでビルドしたっけか?master最新にしてたっけか?という不安に駆られる事があると思う。

解決方法

コマンド実行する時にmessageにブランチ名、ハッシュ値を含めるようにする。以下のような感じ、そしてちょっと一工夫して、releaseビルドのときには[production]という文字が入るようにしている。

deploygate {
    userName = "XXXX"

    apks {
        def branch = 'git rev-parse --abbrev-ref HEAD'.execute([], project.rootDir).in.text.trim()
        def hash = 'git rev-parse --short HEAD'.execute([], project.rootDir).in.text.trim()
        def commonMessage = System.getenv('MESSAGE') + " ${branch} ${hash}"
        debug {
            message = commonMessage
        }
        release {
            message = "[production]" + commonMessage
        }
    }
}

これで以下のように実行すると、

MESSAGE="ほげほげ" ./gradlew uploadDeployGateDebug

DeployGateのメッセージのところには、

ほげほげ master 1856bca

という感じに入ってくれる。地味に便利。