読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画竜点睛を衝く@mapyo

日々やった事をつらつらと書くブログです

4年前に作ったAndroidアプリの話

この記事はクソアプリ Advent Calendar 2016 5日目の投稿です。

もう4年くらい前の話になりますが、ASpeedLaterというアプリを作ってGoogle Play(当時はAndroid Marketだった気がする)に公開しました。

play.google.com

アプリのカバー画像はどこかに行った時写真で取った風景を設定していますw

どんなアプリなのか?

このアプリは、Webページを共有する時に選択すると、Evernoteあとで読むというタグを勝手につけて保存する直前までやってくれるアプリです。 Androidのintentの仕組を使ってEvernoteに渡しているので、認証とか全然必要ありません。 Webページのタイトルと、URLと、あとで読むというタグをつけるという情報を渡しています。

なぜ作ったのか?

通勤途中にスマホでいろいろ情報収集している時に、このWebページはちょっとスマホで読むには辛いから後でPCで読もうと思ったら、 Evernoteに共有して保存していました。

それだけだと後でどれを見返せばいいのかわからないので、あとで読むというタグを手作業でつけて保存していました。 手順的には以下の流れです。

  1. このページ後で読みたいなと思う
  2. ブラウザの共有でEvernoteを選択
  3. ページのタイトル、URLが入った状態でEvernoteが開く
  4. あとで読むというタグを手作業で入力
  5. 保存する

これが、このアプリを使うと、1ステップ減らす事が出来ます。

  1. このページ後で読みたいなと思う
  2. ブラウザの共有でASpeedLaterを選択
  3. ページのタイトル、URLが入った状態でEvernoteが開く(あとで読むというタグは自動的に設定されている)
  4. 保存する

この1ステップを減らしたいなという気持ちと、 Androidやってみようという気持ちがあって作りました。 たぶん。

久しぶりに使ってみる

当時はたぶん、Android OSのバージョンが2系だったと思いますが、 久しぶりに使ってみようと思って7.0の端末で動かしてみました。

若干怪しい部分はありましたが、一応あとで読むというタグはついてるようで、 ちょっと感動しました。

最後に

なにかクソアプリはないかと思って考えたところ、 ふと昔に作ったアプリを思い出したので書いてみました。

もうソースコードや鍵がどこに行ったか定かではないので、 アップデートも出来ませんが(特にする気もないですが)、 作ってた当時を少し思い出して感慨深い気持ちになった今日この頃でした。

広告を非表示にする