画竜点睛を衝く@mapyo

日々やった事をつらつらと書くブログです

jEnvを使ってjava8と11を切り替える

Android Studio Arctic Fox使うためにjava11使ったり8使ったりする機会があったのでメモ

jEnv入れるところまでは頑張る。

brew install --cask corretto8
brew install --cask corretto11
jenv add `/usr/libexec/java_home -v "1.8"`
jenv add /Library/Java/JavaVirtualMachines/amazon-corretto-11.jdk/Contents/Home


jenv global 1.8

jenv local 11

コマンドラインでAndroidアプリをビルドして起動し直す

最近ブログ書いてないので細かい内容だけどメモ

export APPLICATION_ID=com.example.myapplication
./gradlew assembleDebug; adb install -r app/build/outputs/apk/debug/app-debug.apk; adb shell am force-stop $APPLICATION_ID; adb shell monkey -p $APPLICATION_ID -c android.intent.category.LAUNCHER 1

たまにAndroid Studioのことが信じられなくなることがあって、そういう時はコマンドラインで一通りやりたくなる。アプリを起動する時に、Acitivityを指定する必要があるのかなと思ってたけど、monkeyというコマンドがあるのを知らなかった。

2020年振り返り

そろそろ振り返りを書かないとなーと思う気持ちが高まってきたのでざっくり振り返る。

なんか大半は以下の退職ブログに集約されている気がするんで、そっちを読むことでだいたいOKな気がしてきた。

mapyo.hatenablog.com

まずはざっくりとした月ごとに振り返って、テーマ毎に振り返ってみる。

1月〜9月

大体退職ブログに書いてある感じ。Go/GKE/gRPCとかやってた。 リモート環境になって、いろいろと買い揃えたものがあってブログに書こうと思ったけど、完全に忘れてしまっているw

10月

無職。今までは次をちゃんと決めてから退職するパターンだったのだけど、今回は次を決めずにやめたので、緊張感はあったが無事次に行くところが決まってよかった。

旅行いったり、だらだらとすごしたり。

何かしら趣味といえるような事を見つけようと思い立ち、釣りを始める。堤防からのサビキ釣り。 あまり釣れてはなかったけど、釣れたらめっちゃ楽しい。 10月の後半は、週3とかで行ってた気がする。

11月

新しい会社。最初の頃は出社してたけど、コロナ影響の高まりで基本リモートに移行していった。 最初の方からリモートだと、同僚を認識するすべがslackのアイコンになってゆくのでリアルの顔を覚えているかどうか不安w

仕事ではまたAndroidをやり始めた。いろいろと変わっており、キャッチアップしながらやってる感じ。

タイミングを見計らいながら釣りに行ってた。早朝に釣りに行ってから家に帰って仕事したりもしてた。

12月

粛々とやってる感じ。たまに釣りに行くけど、寒さがましてきたので、頻度が下がってしまった。

コロナ

2020年で何が一番大きかったのかと言われると、ほぼ100%の人がコロナでしょう。働き方がめっちゃ変わってしまった。基本リモート。リモートは、それまで、対面で顔を合わせながら働いていたメンバーがリモートになる場合は結構やりやすいと思うのだけど、入社してちょっとしていきなりリモートだと顔も覚えづらいし大変だなと思った。

通勤がなくなった。通勤で使っていた往復分の2.5時間くらいは自由に使える時間が増えた。といっても、通勤中は本読んだりポッドキャスト聞いたりしてる事が多かったので、それに当てていた時間は減ってしまった。

体脂肪率は微増だけど、体重は5kgくらいは落ちた。ようするに、筋肉が純粋に落ちてしまった。運動不足をなんとかしないとな。と思いつつ、特に何もやっていない。リングフィットアドベンチャーも3回くらいしか結局やらなかった。。。たまに思い立って、腕立て伏せや、腹筋を10回くらいすると、その日中に筋肉痛が来るので、まだまだ若い事を実感できてある意味よかった。。。

地元から離れて、毎年お盆と正月は実家に帰っていたけど、コロナで初めて実家に帰らずに、関東での年越しを経験するので、不思議な気分になっている。

転職活動

昨今のリモートワークの高まりもあってか、ほぼすべての選考プロセスがリモート化されていたので、やりやすくはあった。薄く長く続けていった事もあって、カジュアル面談だけでいうと、30社くらいの会社さんとお話をさせていただいた。選考に進んだのは8社くらい。当然、落ちたり受かったり一喜一憂したり、自分は何がしたいんだろうか。と考えたり。やっぱり、もし自分が影分身できるなら内定いただいた会社さん全部に入社してみたいという気持ちなのが正直なところ。。。

転職活動を通して改めて自分が思ったのは、サービスのなるべく初期から入ってそれを大きくする体験がしたい。という事だった。産みの苦しみを味わって、なんとかサービスを大きくしていって、今度は大きくなっていろいろと辛いわー。みたいな感じ。技術的な事や、仕事の内容的にはあまりこだわりはないとは思うのだけど、サービス全体の事を考えたり、サービスの今後の事を考えるにあたってはサーバサイドに軸足を置くのがよいのかなという気持ちでいた。今はAndroidをやっているのだけど、折を見てサーバをやりたい。

その他の気づきとしては、僕がカジュアル面談した会社さんだけかもしれないけど、ネイティブアプリとしての求人はそんなに見かけなかった気がする。Flutterとか、React Nativeとかそっちの方が多かったように思う。また、ベンチャーだとC向けがあまりなくて、B向けサービスをやってるところの方が多かった。B向けとなると、アプリよりもフロントエンドの方が重要になってきて、そっちの求人の方をよく見かけた。フロントエンド周りはjQueryで時が止まっていて、びみょーにReactを触ったくらいしかないので、機会があればそっちもやってみたい。

Android再開

kotlinの書き方的な部分はなんとなく残ってる感じはする。が、コルーチン周りはちょっとは触った気がするけどほぼ触ってないのと同じ感じになってるし、Androidフレームワーク周りは基本忘れてるし、Jetpack周りは新しいものが出てきてたり、といろいろと進化が早いなぁと日々感じる。 もろもろをちゃんと使いこなせれば着実に昔よりは楽に書ける未来がありそうなのだけど、キャッチアップが大変だし、また変わるんだろうなーという気持ちがしないでもない。

そういう意味だと、定期的に今のモダンな作りはこれですと教えてくれるサンプル実装が欲しくなってきて、DroidKaigiのアプリはものすごくありがたい。

大事なのは、いろいろと変わる事は多いのだけど、それをいい感じにキャッチアップして自分のものにしていく力をつける事だと思う。

まとめ

つらつらと思った事を書いてみた。コロナや、1年で3社経験する事になるとは思いもしない1年だった。会社が自分の意思とは関係なく変わらなければ多分転職はしなかっただろうなと思いつつ、コンフォートゾーンにずっといるなぁ。という気持ちもあったので、結果的には良かったのかもしれない。来年はコロナがどうなっていくかというのもあるし、仕事も転職してまだまだこれからという感じなので、引き続きやっていきたい。

現職を退職した

途中で気がついたら会社が変わりつつも、 2018年くらいからざっくり2年半くらいは働いてたので、軽くまとめておく。

Androidエンジニアからサーバサイドエンジニアに

2018年の転職のタイミングでサーバサイドエンジニアになった。

動機

アプリだとどうしてもサービスの一部分しか見れないという印象を感じてしまっていた。 サービス全体を見ながらサービスの今後の事を考えながらやっていくにはサーバサイドかなぁと言う感じ。 これは会社やチームによっては違うと思うので一概にそう言えるかどうかはわからないけども。 サービスの立ち上げや、立ち上げ付近から大きくする経験をしたい。という指向性が少なからずあるので、 そうなった時はやっぱりサーバサイドだなという感じ。

他にも、アプリだと毎年のようにGoogleから新しいアップデートがあり、 公式がおすすめする手法も新しいものがどんどん出てくるので、キャッチアップし続けるのは結構大変そうだなーと思ってた。 サーバサイドに来てみたら、クラウドサービスは結構な頻度で新しいものが出てたり、アップデートされていくので、これもまた同じような感じではあったw

よかった事

そんなこんなで運良くサーバサイドのエンジニアとして入社出来たのはよかった。 オンプレでPHPや、副業でRails、Herokuな経験は今まであったのだけど、 クラウドサービスをいろいろと使ってサービスを作り上げていくという経験はしたことがなかったので、 非常に良い経験になった。 主にGCP、GAE、GKEとかがメインだった。AWSもlambda、SAM、IoT、Enterprise Buttonとかもろもろ触る事が出来て、 完全未経験から脱却出来たのはよかった。 インフラ専任の人がいる状況ではなかったので、自分たちでインフラ作って自分たちで監視やアラート周りなども含めて面倒を見ることが出来たのでよかった。

とはいえ、スポット的なプロジェクトでAndroidアプリ開発したりもしたので、それはとてもいい思い出。

今回の転職活動でも、サーバサイドの経験がより深まったので転職の選択肢が広がったのは非常に良いことだったし、今後もあまり技術にはこだわりがないようにしつつも、サーバサイドを主軸にやっていきたい。

課題

課題としては、Androidバリバリ出来るわけでもないし、サーバサイドも経験年数的にはまだまだな感じで、サービス全体のアーキテクチャを設計する。みたいな事はできなかった。 ゆるふわフルスタックエンジニアという感じ。 フロントエンドとiOSの経験を積めばフルスタックエンジニアと名乗ることが出来るかもしれない。フロントエンドやFlutterなどは機会があればやってみたい。

サービスの立ち上げ付近で、サービス全体のアーキテクチャの設計をして、何度も失敗して、またその失敗をバネに次に活かす。みたいなことをいっぱいやりたい。

テックリードやりました。とか、エンジニアリングマネージャーやりました。みたいな経験も特に出来なかった。肩書にこだわるわけでもないけど、個人として成果を出す事よりも、チームとしてどうやればより成果が出せるのかみたいな事を考えていかなといけないのかなと思う。

プロダクトオーナーの経験

3ヶ月とかそれくらいの短い期間だけだったけど、Androidアプリのプロダクトオーナーをやっていた。

こんな感じで作りますみたいな文章を書いたり、 パワポで雑にUIを作ってみて、デザイナさんに見てもらったり、 実際に使ってもらうユーザに話を聞いて仕様を固めたり、 なんなら軽く動くサンプルを作ってみて、こんな感じの動きになると思うんですがどうですかねー。 という事もやったりした。

コードを殆ど書かなくて、プログラマーとして大丈夫だろうかw? みたいな不安もあったけど、とてもよい経験になった。

 Node.js

なんやかんやでNode.js、GAEなコンポーネントを引き継いで、リリースまでもっていくという事があった。 Node.jsをガッツり触るのは初めてだったし、何から手を付けていくのがいいんだろうかと思った状況だった。

まずは、CI/CD周りを整備。 そしてRepositoryパターンを導入してテストを書いて、ElasticseachやRealtime Database周りの動作確認をサクッと出来るようにしたした。 その後ユースケース層を作ってRepositoryを差し替えてユニットテストを書きやすいようにしたりした。 期限があまりない中でどうやって優先順位つけて対応していくか考えることが出来た。

期間的には4〜5ヶ月くらいだったろうか。単純な開発だけではなくて、いろいろと他の人とやり取りする事も多くて、とても良い経験になった。

Go, gRPC, GKE

Goは現職(退職したので現職ではないけど)に入ってから初めて業務で使うようになった。 AndroidでKotlinを使って書いていた身からすると、最初の頃は物足りなさがめっちゃあった気がするけど、慣れればそうでもなく、書きやすいなーと思うようになった。 自分の中では愚直に書いていくという思想な気がしていて、そっちのモードに切り替わったらそれはそれでいいなと思うようになった。Go wayに関してはまだまだちゃんと理解できているとは言い難いけども。

gRPC、protoファイルをベースに自動で各種言語にコンパイルされてライブラリとして配布される環境が整っており、これが非常にやりやすかった。 ハマりどころとしては、Updateの時の部分更新周りはGoのゼロ値の事もあって、ちゃんとAPI設計を考える必要があるので、 https://cloud.google.com/apis/design/standard_methods#update この辺の事は目を通して置いたほうがよいかなと思う。

GKE、いろいろと初めてだったので楽しかった。また、GKEでk8sに初めて触れたけど、k8sの難しさをうまくGKEがカバーしてくれてる点もあるので、EKSとか触るとよりその理解が深まるのかなと思った。 DeploymentManagerでインフラ周りは管理していたのだけど、 https://www.terraform.io/docs/providers/google/r/container_cluster.html default_node_poolの事を最初に知っていればもうちょっといい作り方が出来たのになという後悔があった。

会社が変わった

労働承継とかいうやつで勤め先の会社が変わった。今までにない経験だった。 良くも悪くも、あくまで自分はただの従業員なんだなと実感した出来事だった。

改めて自分の人生とはみたいな事を考えるいいきっかけになった。 まぁ、考えてもそこまでいい答えはでないので、引き続きいい感じにやっていくしかなさそう。

今後

9月は有給消化、10月は無職で、9月も含めると2ヶ月はのんびり過ごす事になるので、 会社員に戻れるのか正直不安w 11月からは次の会社で働きます。なんやかんやでAndroidまたやる事になりそうです。勘を取り戻さないと〜。

GitHubで特定のブランチへの直pushを防ぐ

https://help.github.com/ja/github/administering-a-repository/enabling-branch-restrictions

このドキュメントに書いてはあるのだけど、最新のGitHubのUIとは変わってたので実験

設定箇所

Settings→Branchesのところで、保護したいブランチを入力し、以下の画面を設定する

f:id:mapyo:20200326015341p:plain

f:id:mapyo:20200326015345p:plain

実行結果

-> % git commit --allow-empty -m 'sample'
[master cc43a55] sample

-> % git push
Enumerating objects: 1, done.
Counting objects: 100% (1/1), done.
Writing objects: 100% (1/1), 190 bytes | 190.00 KiB/s, done.
Total 1 (delta 0), reused 0 (delta 0)
remote: error: GH006: Protected branch update failed for refs/heads/master.
remote: error: At least 1 approving review is required by reviewers with write access.
To ssh://github.com/mapyo/GolangSample.git
 ! [remote rejected] master -> master (protected branch hook declined)
error: failed to push some refs to 'ssh://git@github.com/mapyo/GolangSample.git'

無事、regectされるのだった。

所感

ブログを最近書かなくなったので、細々したやつでも書いていこう

mysql2のbundle installに失敗する時

mac上でbundle installした時に、以下のようなエラーが出て失敗する事がある

Fetching mysql2 0.5.3
Installing mysql2 0.5.3 with native extensions
Gem::Ext::BuildError: ERROR: Failed to build gem native extension.


    current directory: /Users/mapyo/tmp/mysql2_sample/vendor/bundle/ruby/2.6.0/gems/mysql2-0.5.3/ext/mysql2
/Users/mapyo/.anyenv/envs/rbenv/versions/2.6.4/bin/ruby -I /Users/mapyo/.anyenv/envs/rbenv/versions/2.6.4/lib/ruby/2.6.0 -r ./siteconf20200113-35739-1ltnc8d.rb extconf.rb
checking for rb_absint_size()... yes
checking for rb_absint_singlebit_p()... yes
checking for rb_wait_for_single_fd()... yes
checking for -lmysqlclient... no
-----
mysql client is missing. You may need to 'brew install mysql' or 'port install mysql', and try again.
-----
*** extconf.rb failed ***
Could not create Makefile due to some reason, probably lack of necessary
libraries and/or headers.  Check the mkmf.log file for more details.  You may
need configuration options.


Provided configuration options:
        --with-opt-dir
        --without-opt-dir
        --with-opt-include
        --without-opt-include=${opt-dir}/include
        --with-opt-lib
        --without-opt-lib=${opt-dir}/lib
        --with-make-prog
        --without-make-prog
        --srcdir=.
        --curdir
        --ruby=/Users/mapyo/.anyenv/envs/rbenv/versions/2.6.4/bin/$(RUBY_BASE_NAME)
        --with-mysql-dir
        --without-mysql-dir
        --with-mysql-include
        --without-mysql-include=${mysql-dir}/include
        --with-mysql-lib
        --without-mysql-lib=${mysql-dir}/lib
        --with-mysql-config
        --without-mysql-config
        --with-mysql-dir
        --without-mysql-dir
        --with-mysql-include
        --without-mysql-include=${mysql-dir}/include
        --with-mysql-lib
        --without-mysql-lib=${mysql-dir}/lib
        --with-mysqlclientlib
        --without-mysqlclientlib


To see why this extension failed to compile, please check the mkmf.log which can be found here:


  /Users/mapyo/tmp/mysql2_sample/vendor/bundle/ruby/2.6.0/extensions/x86_64-darwin-17/2.6.0-static/mysql2-0.5.3/mkmf.log


extconf failed, exit code 1


Gem files will remain installed in /Users/mapyo/tmp/mysql2_sample/vendor/bundle/ruby/2.6.0/gems/mysql2-0.5.3 for inspection.
Results logged to /Users/mapyo/tmp/mysql2_sample/vendor/bundle/ruby/2.6.0/extensions/x86_64-darwin-17/2.6.0-static/mysql2-0.5.3/gem_make.out


An error occurred while installing mysql2 (0.5.3), and Bundler cannot continue.
Make sure that `gem install mysql2 -v '0.5.3' --source 'https://rubygems.org/'` succeeds before bundling.


In Gemfile:
  mysql2

対応方法としては、--with-mysql-config のオプションを指定して、bundle configを実行してあげればよかった。。(パスは各自適切な場所になおしてください)

bundle config --local build.mysql2 "--with-mysql-config=/usr/local/opt/mysql@5.7/bin/mysql_config"

オプションは、これを1つだけ指定しないとうまくいかなかった。  最初はwith-mysql-dir などを雑につけてみて試してみていたのだが、それだとbundle installは成功するがその後実際に使う場所でエラーが出てしまった。。。

mysqlの最新のバージョンじゃないものをbrewで入れていて、それを使いたかったからこういうエラーが出てしまうのかもしれない。

というか、READMEをよくみてみるとちゃんと説明が書いてあったので、それを読めばすぐわかったのかもしれない。。

参考文献

2019年振り返り

既に年明けてしまったけど、今年をざっくり振り返る

2019年の振り返りはこちら

mapyo.hatenablog.com

Android

1〜3月くらいはスポット的なプロジェクトでやってた。 このタイミングだけやったけど、めっちゃ変わってるなぁと思った。 変化のサイクルが非常に早い。

Go

そこそこは書けるようになってきたと思うけど、Goらしさとは何かがちゃんとわかってない気がする。 もっとガシガシコード書いて、他の人のコードを見て修行する必要がありそう。

GCP

めっちゃ使うようになった。 以前よりは詳しくなった気がするけど、まだまだという感じ。

何か新機能を作るときには、GCPにどういうサービスがあるか把握しつつ、 適切にサービスを選択しながら開発を進めていくスキルが必要だと思う。

Googleのカンファレンスで発表される情報を随時キャッチアップして、 今後の動向を見据えつつ選択が出来るとよさそう。

Androidやってる時はGoogleの動向に気を配りつつキャッチアップしていく必要があったけど、 サーバサイドやったとしても、引き続きGoogleの動向に気を配っていく必要がありそう。

GKE、Kubernetes

そこそこわかってきたような気もするけど、深くはわかってない気もする。 いろいろと理解するのは難しかったけど、わかってくると楽しい。

requiredDuringSchedulingIgnoredDuringExecution みたいな設定値があって、めっちゃ長いやんという気持ちになった。

 Deployment Manager

嗜む程度に使ってる。微妙に理解したような気がするけど、まだまだ使いこなせてないと思う。

Redis

Redis Streamsとか使ってた。XREADGROUPとか、XACKとか。

gRPC、gRPC-Web

使ってる。便利。ブラウザからもgRPCが使えるようになるといいのになぁ。

ブログ

2019年は3件しか書いてなかった。年々アウトプットが減っている。。。 雑なアウトプットだとしても継続的に書いていかないとなぁ。。。

まとめ

振り返ると、2019年もいろいろとやった気がする。新しい技術もいろいろと触れて楽しかった。 一方で、深く理解できたかといわれるとまだまだ足りないなという感じ。 使っていく以上は胸を張って使いましたといえるレベルになりたい。

技術的にはいろいろと楽しかったのだけど、もっと根本的なエンジニア力みたいなものが上がっていないな。という気がする。 そもそも、それって何なのだろうか?方向性として、自分はどういうところにいきたいのだろうか? というところも含めて2020年はそれを考えていく1年になりそう。 RPGでいうと、武器や防具を購入して攻撃力や守備力は上がったけど、ステータスとしてのちからや、みのまもりは上がってない感じ。

他の人がどういうキャリアを辿ってきたのか、それぞれの節目に何を考えてどう行動したのか。に興味があるから、機会があればその辺の話を聞いてみたい。